広告セミナー

第45回
テレビ媒体費・CM制作費の監査方法とその実例

セミナー概要はこちら

セミナー写真

今回も多くの方にご参加いただきありがとうございました。だんだんと監査の必要性やコストに対する意識の高まりが感じれます。ただやはり外資系のあたりまえのように監査をする企業風土が、まだまだ根付かない国内企業の甘さのようなものを感じます。これからも啓もう活動も含め皆さまと考えていきたいと思います。

株式会社 システムアイ  代表取締役  今江貞弘

参加者感想(一部抜粋)

限られた予算の中で効率的な放映・制作を求められており、今回のセミナーでそのヒントを色々と得ることができた。(大手保険会社様)

広告の業務に携わってまだ日も浅く、なかなか基礎知識を得る機会がなかったのでとても勉強になりました。(大手人材派遣業様)

書籍でもなかなかお目にかかれない内容でした。日常、業務に忙殺され、なかなか改善ができていないがしっかり取り組む必要性を感じた。(大手証券会社様)

制作費の内容についてのコスト構造が理解できた。業界の売り手上位の実情がよくわかった。(大手健康食品メーカー様)

今まで知らなかったことが多く、大変勉強になりました。(ヘルスケアメーカー様)

具体的なアクションのイメージを得ることができました。(総合通販会社様)

業界の裏事情がたくさん聞け、とても有意義でした。(外資系企業様)

他社事例などはほとんど知れる機会がないのがこの業界なので非常に勉強になりました。(大手テーマパーク様)

広告代理店の手の内がなんとなく理解できました!(大手清掃メーカー様)

もう少し早くセミナーを受けていてれば更なるコスト削減が図れたと思います。今後の参考にいたします。(大手住宅メーカー様)

広告出稿の基礎部分を違った見解で学ぶことができました。効率的な買い付けの方法など今後の業務に活かせると感じました。(大手健康食品メーカー様)

Page Top




セミナー概要

今こそ必須!「広告監査とは?」

第45回
テレビ媒体費・CM制作費の監査方法とその実例

内 容

Ⅰ13時00分~14時00分 テレビ媒体のコスト構造と広告主によるコスト差について

昨今WEBメディアの不正取引が問題になっていますが、それ以上に問題だと思うのが、テレビメディアのコストの不透明さだと思います。 しかしそれは、広告会社のせいだけでしょうか? 広告会社の言うことを鵜呑みにして、情報をとろうとしない担当者 あまり広告担当を重要視せず、ジョブローテーションを形通り行う経営層、そのあたりにも問題があると思います。 ここでは、コスト監査をしないといけない理由。そのあたりについて少しお話しをしたいと考えております。

プログラム

テレビ媒体のコスト構造

広告会社の利益構造

こんなに大きい広告主によるコスト差

なぜコスト監査をしようとしないのか?

コスト監査をしないことによる
コスト以外の不利益

Ⅱ14時00分~15時00分 テレビスポットの監査とは?

なぜテレビメディア監査が必要なのか? そもそもテレビメディア監査とはなにか? また、それをしないことによるリスクはなにか? をお話しします 次に具体的に監査の方法をご説明します。 また監査だけでなく、コストを削減したい会社様には、見積もりの取り方~発注方法まで、コンサルティングをしておりますので、その内容もご紹介します。

プログラム

日本におけるテレビスポットの取引の問題点

テレビメディア監査とは?

 査定の具体的な方法
 検収
   クオリティチェック
   コストチェック
   総合評価

今回のセミナー参加だけの特別キャンペーン



スポット発注改善サービスとは?

Ⅲ15時00分~16時00分どうやってコストを下げてきたのか? 事例研究

コスト削減方法は、さまざまです。 その会社様の業態のポジション 今までの広告会社との付き合いを維持したまま削減する場合 ともかく最大限にコスト削減をはかりたい場合 ここでは、具体的にどのような手順で進めて、どのような効果があったのかをご紹介する予定です。 いづれかで、御社にも当てはまる事例があると思います。

プログラム

あまり大きな広告出稿量はないが、コストを30%削減した事例

大きな出稿量があり、コストを60%削減した事例

その他最新事例

ハウスエージェンシーを利用したコスト削減方法

Ⅳ16時00分~17時00分 CM制作費の監査方法

CM制作費は、媒体費と違ってコストを下げればいいというものではありません。なぜならクオリティが影響する可能性があるからです。 まずは、CM制作費のコストの構造 次にCM制作費の監査方法 どのようにしたらクオリティを下げずにコストを下げるのか? また最終的にいいCMを作るコツはどこにあるのか?までをお話しをしたいと思います。

プログラム

CM制作費のコスト構造

CM制作費の監査とは

CM制作費を下げるコツ

CMプリント費の削減

いいCMを作るには

詳 細

日時 2月17日(金)13時~17時
場所 NMF(旧NOF)新宿南口ビル4F(新宿駅南口より徒歩3分) セミナールームA
アクセスMAP
参加費 無料
お支払い方法
定員 50名

申込の状況により、1社のご参加人数を制限させていただく場合がございます
参加資格 企業の宣伝担当者
企業の宣伝購買担当者

(広告会社などの方はご遠慮ください)
講師 今江 貞弘(株式会社システムアイ 代表取締役)

丸田 淳(株式会社システムアイ メディアコンサルタント)
申し込み締切日 先着順で定員になり次第終了いたしますのでお早めにお申し込みください

講師プロフィール

今江 貞弘 

今江 貞弘 

いまえさだひろ

株式会社システムアイ代表取締役

1961年  神奈川県横浜市生まれ 
      北海道大学 理学部生物有機化学卒業
1983年  持田製薬株式会社 宣伝部入社 
1986年  株式会社アデランス 宣伝部入社
1996年  大王製紙株式会社 宣伝部入社
1999年  株式会社リーブ21 宣伝部入社 
2001年  広告コンサルタントとして独立
2003年  法人化し、株式会社システムアイ設立
宣伝部のコンサルタントとして、年間宣伝計画の作成、宣伝の評価、広告代理店の起用方法、宣伝部員の採用から育成、宣伝部の組織作り、特に宣伝部員の教育などを主にコンサルティングを行う。


丸田 淳

丸田 淳

まるた あつし

株式会社システムアイ メディアコンサルタント

明治大学法学部卒
1999年株式会社オリコム入社 営業・マーケティング企画を経験した後 マーケティングコンサルティング会社に転職
2013年より現職
広告会社時の経験を活かし、広告主企業に媒体社や広告会社の インサイトを提供。 「広告メディアのコスト効率改善」、「メディア取引の透明性の向上」を テーマとしたコンサルティング実績多数。